キャッシングと金利

住宅銀行や金融機関から融資を受けるにあたり、やはり最も気になるのは金利です。
自動車ローンや住宅ローンなどは融資を受けた後の資金の使い道が明確であり、また購入した自動車や家を担保とするケースが多いため、銀行側からしてみればリスクも少なく、その分金利も安くなっています。
これに対してキャッシングは現金をそのまま受け取ることになり、どのような使い方をすることも許されているため、融資をする側からしてみると担保も取れずリスクも高いという特徴を持っています。

またリスクが高い分、金利についても割高となっており、明確な使い道さえ分かっているのであれば、各種ローンを組んだ方がお得と言えます。キャッシングは消費者金融系と銀行系で大別することができ、それぞれの金利は前者が18%程度、後者が14%程度となっています。金利のみを見て選ぶのであれば銀行系のキャッシングサービスを選んだ方がお得ではありますが、しかしながら設定される限度額によっては消費者金融系の方がお得なこともあります。これまでキャッシングサービスを利用したことの無い方であれば、まずは名前も通っていて安心感もあり、また金利についてもお得な銀行系から利用を始めてみた方が良いでしょう。

何度も借り入れを行う場合にはケースバイケースで、金利は銀行系も消費者金融系も、どちらも低くなり得るということを知っていると、次回以降にお得な融資を受けられるようになりますので、利用する頻度によって上手に使い分けていくことをお勧めします。当サイトで更に詳しく解説いたします。