返済実績が加味される

電卓とお金限度額は可能であれば高く設定されていればよりお得にサービスを利用できるというわけですが、それでは実際には限度額を引き上げることは可能なのでしょうか。

実は、限度額の引き上げはそれほど簡単なことではありません。
というのも融資をする側である銀行や消費者金融業者からしてみれば、高い金利で貸し付けられればその分利益が出るというわけになりますので、限度額を引き上げて利益を低くすることは考えにくく、また貸し付ける金額が高くなれば不良債権になった際のリスクが高まるということもあるからです。
限度額を引き上げてもらうためには、それなりの信頼関係が構築されていることが条件となります。

つまり、これまで融資を受けてから返済の遅延が無いという返済実績が見られることになります。利用した後、返済遅延もなく、金利も含めてきっちりと返済してくれる人は良い顧客として見なされ、扱いについても丁寧になり、限度額についても融資側から引き上げの提案がなされることもあります

そうでない場合には、利用者側から引き上げを提案していく必要がありますが、返済実績を積み重ねていない状態だと断られることになりますので、返済は常日頃からきっちり行っていくべきと言えます。