信用情報も重要

銀行信用情報とはクレジットやローンといったサービスに対して利用者がどのような返済を行ってきたかを記録している情報を指します。
これまでの借入と返済について客観的に記録のみを参照することができ、銀行や金融機関が融資をする際にはこの情報をもとに、利用者が信用できる人物なのかどうか、しっかりと返済してくれる人物なのかどうかを判断することになります。

利用限度額の引き上げをするかどうかについても、この信用情報が使われた上で判断されることになるため、これまでの借り入れと返済について、遅延があるなどの問題を抱えていると限度額を引き上げてくれない可能性があります。金融機関側からしてみれば、良い客はしっかり返済をしてくれて、かつ継続的に融資を希望する利用者ということになるため、この人物像に近ければ近いほど引き上げに応じてくれる可能性が高くなります。

既に消費者金融を利用していて、返済遅延が無く、その上継続して利用している方ならば、自分から提案してみると良いでしょう。金利の負担はいわばキャッシングサービスを利用した際に発生する利用料のようなものです。利率に換算すると数%しか違わないかもしれませんが、これが何年、何カ月も続くとなると結構な金額になりますので、限度額の引き上げで負担の軽減をはかってみてはいかがでしょうか。


Published by